禁煙外来とは

禁煙外来イメージ

禁煙外来は、喫煙習慣を止めたい人を対象に設けられた専門外来です。患者様の喫煙歴をきちんと把握した上で、禁煙補助薬の処方をし、治療の経過を見守りながら、適宜アドバイスをいたします。離脱症状が起こった際も、診察時に医師に相談できるので、禁煙を継続しやすくなります。また、一定の条件を満たせば、健康保険を使った禁煙治療が受けられます。

現在禁煙治療薬の流通不足の為、新規の患者様を受け付けておりません。

禁煙の主なメリット

  • せきや息切れが改善される
  • 肺疾患や心疾患、がんなどのリスクが下がる
  • 寿命が延びる
  • 目覚めが爽快になる
  • 肌の調子が良くなる
  • タバコ代が浮いて貯金できる
  • など

健康保険などによる禁煙治療の流れ

標準的な禁煙治療では、12週間にわたり、合計5回の診察を行います。

通院初回
  • 健康保険で治療が受けられるかどうかの「依存度」を算出
  • 呼気に含まれる代表的な有害物質(一酸化炭素)の濃度を測定
  • 健康状態や喫煙・禁煙歴を確認
  • ニコチン切れ症状への対処法などのアドバイス
  • 禁煙治療の内容を患者様に説明し、同意が得られた場合は禁煙宣言書にサイン
  • 禁煙補助薬を選択し、その特徴と使用法を説明
禁煙の開始
  • 禁煙補助薬の内服を開始してから1週間後に禁煙をスタート
通院2~4回目
  • 初診の時点から換算し、それぞれ2、4、8週間後に医療機関を受診
  • 呼気一酸化炭素濃度の測定、および禁煙状況の確認、体調チェックとアドバイス
通院5回目
  • 初診から12週間後(約3か月後)に最後の受診を行います
  • 前回までと同様、呼気一酸化炭素濃度の測定など
  • 今後も禁煙を続けていくためのアドバイス